水着を着る際に気になるウエストまわりを引き締める〜子供とプールに行くパパママにも〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今年は涼しい日が続いていますが、

     

    もう少しすると夏突入です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    夏と言えば海や川、プールに行かれる方も多く、

     

    そうなると水着を着る機会も増えてきます。

     

    若い方だけでなくスタイル、

     

    特にウエスト周りは気になる方が多いと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    20〜30歳代の頃は水着をきなければ

     

    気にすることも少なかったですが、

     

    小さなお子様がいらっしゃるパパママは

     

    プールや海では一緒に入らないといけないことも多いかと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分も子供とプールや川に行くと気になりますし、

     

    最近は全身の水着(お腹は見えなくなっている)をきている方も多く、

     

    特に男性できられている方をみることが増えてきています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    会員のお母様方からも

     

    子供とプールに入る時のウエスト周りが気になります。

     

    とのお話をきくことがありました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    脂肪をとるには、全身的な筋トレと有酸素運動、

     

    そしてなにより食事が重要になってきます。

     

    そしてある程度の期間が必要になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、夏駆け込み、短期間でウエストを引き締める

     

    体幹トレーニングをご紹介します。

     

    子育てで時間が少ないパパママ向けに

     

    短期間、短時間で行えるものの、

     

    少々きつめのものになります。

     

    回数・頻度などで調整して下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    まずは以前もご紹介した

     

    ドローイン(息をしっかりとはきだしてお腹を凹ませます)をし、

     

    その状態で両足を天井に向け持ち上げます(90°位まで)。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    腰が浮かないように(反らないように)

     

    注意しながら行って下さい。

     

    きつい場合は床に下げ過ぎずに

     

    持ち上げた位置で上下に動かします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    いければ20秒続けます。

     

    前回ご紹介したロープトレーニングと一緒で、

     

    20秒体幹トレーニングをし、10秒休みます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして、次に上写真のように床から少し足を浮かしキープします。

     

    これも20秒行います。

     

    10秒休んだら次に、

     

    両足で円を描くようにまわしていきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これも腰が浮かないように意識して行います。

     

    小さな円で十分なのでゆっくりとまわしていきます。

     

    脇腹のくびれにつながります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これも20秒行い、10秒休んだら次に、

     

    両足を交互に上下させます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    下の足も浮かせて行います。

     

    これも20秒行い、10秒休みます。

     

    次に両足と腰を天井に持ち上げていきます。

     

     

    できれば持ち上げた時に腰をひねります。

     

    ひねる動きを加えることで、

     

    くびれの引き締めにつながります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして最後に、

     

    両手をつき、両膝をおでこに近づけるように体を丸めていきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これも20秒、10秒で行います。

     

    6種類で計3分です。

     

    2セットいければ6分でだいぶお腹をいじめられます。

     

    物足りない方は重りを持ち上げて行ってもいいかもしれません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    主に下腹部の筋トレになります。

     

    できれば全身バランスよく行っていきたいところですが、

     

    短時間ウエスト集中トレーニングになります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    急に脂肪がなくなるわけではありませんが、

     

    ウエストの引き締め、

     

    腰痛予防にもなりますので、

     

    もしご興味ある方はチャレンジしてみて下さい。

     

     

     

     

     

     

     

    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    最近実施している人が増えているトレーニングメニュー〜バトルロープトレーニングの効果とは?〜

    0

      埼玉県川越市にある

       

      コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

       

      理学療法士の粟生田です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      最近、当施設で実施されている方が増えているトレーニングメニューをご紹介します。

       

      バトルロープ(パワーバトリングロープ)といい、

       

      太くて重いロープを打ち付けたり、

       

      波打つように振ることで全身の筋肉を働かせます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      振り方によって腕や腰回り、足と、

       

      鍛える刺激を変化させることも出来ます。

       

      また、有酸素運動、特に全身の燃焼度をあげるのにも効果的です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      やり方の一つとして、

       

      20秒振り続け、その後10秒休み、

       

      それを1セットとし、繰り返していきます。

       

      最初は3セット位でつらくなりますが、

       

      慣れて体力がついてくると8セット位行えてきます。

       

      計4分ですが、かなりの消費カロリーになります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      また、写真ではうまくとらえられなかったのですが、

       

      小さい波をリズムよく打ち出していくと

       

      体幹と両足の連動性と、

       

      バネのようにしなやかに働かせることにつながります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      プランクなどのように体幹を固定させるイメージの

       

      体幹トレーニングだけでなく、

       

      ”体幹をうまく働かせるトレーニング”も大切だと考えます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      手足に体幹からの筋出力をうまく伝えていく。

       

      床面からの力をうまく体幹や手足に増幅させていく。

       

      体幹をゴムボールのように働かせ、跳躍や推進力を生み出していく。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      そういったことが出来てくると、

       

      スポーツなどのパフォーマンスアップにも効果的です。

       

      また、ケガの予防、しなやかな体の使い方にもつながります。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      2年前からあるものの、

       

      使っている方は少なかったトレーニングでした。

       

      しかし、女性の方を中心に、

       

      体力・筋力がついてきたのでやってみたいという方が急増しています。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      徐々に新しい刺激を体に入れていくことは

       

      必要だと思っています。

       

      身体も心も新しい刺激によって、

       

      新たな気づきを得たり、

       

      反応性の変化を引き出すことにつながると考えます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ベースとなる運動は継続しつつ、

       

      少し上の強度、難易度に挑戦して頂ければと思っています。

       

      ご興味ある方がいらっしゃいましたら、ぜひお声かけください。

       

       

       

       

       

       

      12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

      腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

      症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

       

       

      健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

      にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
      にほんブログ村


      健康と医療ランキング


      マラソン・ジョギングランキング


      登山・キャンプランキング


      小学生のボール投げの能力を伸ばすには?〜防球ネットとストラックアウトの導入を検討中です〜

      0

        埼玉県川越市にある

         

        コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

         

        理学療法士の粟生田です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        小学1年生の長男の運動テストの結果をみました。

         

        ボール投げが苦手なようです。

         

        まあ、自分も野球は好きですが、

         

        主にみる専門、投げるのは大の苦手。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        週末に公園にキャッチボールでもしに行きます。

         

        しかし、近所の公園はボール投げ禁止で、

         

        運動公園まで行かないとできません。

         

        自分が子供の頃は近くのお寺の境内でやらせてもらっていました。

        (本当はダメだったのかもしれませんが)

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        小学生のボール投げの能力は年々低下の一途をたどっているようです。

         

        特に川越市は低迷しているようです。

         

        会員の小学生からもおもいっきりボールを投げたいという要望は多いです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ならばと店舗横にキャッチボールの出来るスペースを作ることを検討しています。

         

        といってもネットと人工芝を設置するくらいで、

         

        自作する予定です(下イメージ図です)。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ストラックアウトも置ければと考えています。

         

        こちらも自作でまかなえればと思っています。

         

        できればキックターゲットも。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        そのためのスぺース作りを先週末より行っています。

         

        使用していない古い木箱の解体と撤去作業です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        けっこう重い木箱を何十個運びだし、

         

        ひたすらバールで解体し、

         

        車に積み込みゴミ処理所へ搬送しました。

         

        けっこう汗をかき、いい有酸素運動になりました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        まだまだ完成予定は先になりそうですが、

         

        ご興味ある方はぜひ利用してみて下さい。

         

         

         

         

         

         

        12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

        腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

        症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

         

         

        健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

        にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
        にほんブログ村

        にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
        にほんブログ村

        にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
        にほんブログ村


        健康と医療ランキング


        マラソン・ジョギングランキング


        登山・キャンプランキング


        ラグビーのタックルダミーとサンドバッグが欲しくなりました〜ドラマ”ノーサイド・ゲーム”を観て〜

        0

          埼玉県川越市にある

           

          コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

           

          理学療法士の粟生田です。

           

           

           

           

           

           

           

           

          今年は日本で開催されるラグビーのワールドカップイヤーになります。

           

          それも影響してか、昨日より放送開始のテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」、

           

          大泉洋主演、池井戸潤原作です。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ドラマはあまり観ませんが、たまたまテレビをつけたらやっていて、

           

          昔ラグビーをやっていて、

           

          池井戸潤作品が好きなこともあり、ついついみてしまいました。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          その中で、左遷された大泉洋が、

           

          大雨の中で泣きながらタックルを繰り返すシーンがありました。

           

          タックルはボールをもっている選手にするものですが、

           

          練習ではタックルダミーという用具にタックルします。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          欲しいなあと思いましたが、

           

          意外に高くて、

           

          会員様も使いたいという方は少ないかと思うので躊躇しています。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          同じくらいの値段だったら

           

          サンドバッグとパンチンググローブの方が

           

          使いたい方が多いかもしれません。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          どちらもストレス発散にもなるかと思います。

           

          置くスペースの問題はありますが、

           

          もしご興味のある方がいらっしゃいましたらおっしゃって下さい。

           

           

           

           

           

           

          12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

          腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

          症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

           

           

          健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

          にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
          にほんブログ村

          にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
          にほんブログ村

          にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
          にほんブログ村


          健康と医療ランキング


          マラソン・ジョギングランキング


          登山・キャンプランキング


          施設の模様替えを行っています〜新たな設備の導入を検討中です〜

          0

            埼玉県川越市にある

             

            コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

             

            理学療法士の粟生田です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            本日、2台あったうちのトレッドミル1台を移動しました。

             

            使用頻度が少なかったこともありますが、

             

            時間帯によってスペースが手狭になってきたことと、

             

            今現在の会員様向けの設備を導入したいためです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            1台分あけたことで、

             

            お1人分のストレッチスペースが出来ました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            物品のとりだしやすさを考慮した配置や

             

            設備を少し改善できればと考えています。

             

            もし何かアドバイスやご要望などがある方がいらっしゃいましたら

             

            ぜひお声かけください。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            ちなみにトレッドミル1台80kg強、

             

            毛布を下に入れ引きずったり、

             

            てこを使いなんとか運び出しました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            梅雨時期は腰を痛める方が多いようなので、

             

            注意して行いました。

             

            皆さま腰痛、肩こり、頭痛などには注意してお過ごし下さい。

             

             

             

             

             

            12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

            腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

            症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

             

             

            健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

            にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
            にほんブログ村

            にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
            にほんブログ村

            にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
            にほんブログ村


            健康と医療ランキング


            マラソン・ジョギングランキング


            登山・キャンプランキング


            荷重の仕方で管弦楽器の音色が変わる〜姿勢や地面の踏みしめ方で呼吸が変化する?〜

            0

              埼玉県川越市にある

               

              コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

               

              理学療法士の粟生田です。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              当施設の会員にプロの管弦楽器奏者の方がいらっしゃいます。

               

              先日、その方がおっしゃっていたのですが、

               

              足の荷重の仕方を意識して変えたら、

               

              楽器の音色が変わったとのことでした。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              その方演奏されている時に、

               

              左足の小指側に力が入り荷重しているのですが、

               

              それを母趾球に荷重することを意識して吹いていたら

               

              音色がいつもと違っていたとのことです。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              きっと自分が聴いてもわからない程度の

               

              微妙な音色の変化なのでしょうが、

               

              プロの方にとってその微妙な荷重や姿勢の変化で

               

              音色や繊細な体、指の動きは変わってきてしまいます。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              普段から小指側に荷重が偏っており、

               

              それが膝や骨盤の歪みにつながっていて、

               

              それを改善するために母趾球でも荷重出来る事を促していました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              日常の立ったり、歩いたりでは

               

              気にならない程度の荷重や姿勢の変化でしたが、

               

              プロの演奏にとっては大きな変化を生じさせてしまうようです。

               

              そのため、演奏時に意識して荷重を変化させることはやめました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              荷重や姿勢によって背中の筋肉の緊張や

               

              呼吸のしやすさは微妙に変化します。

               

              息づかいや繊細かつダイナミックな体、指の動きにも影響します。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              産まれてからこれまで生きてきた体のイメージや体の使い方があります。

               

              いい姿勢と言われていても

               

              それを意識的にすることが体に適さない場合もあります。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ”自然体”

               

              言葉にすると一見簡単なことのように感じますが、

               

              なかなか奥の深い言葉だと感じています。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              心も、体も、生活のスタイルも、

               

              そういったことを大切に出来るよう

               

              自分も心がけていきたいと思います。

               

               

               

               

               

               

               

              12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

              腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

              症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

               

               

              12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや 腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の 症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。


              日本の伝統的な工法技術と身体観〜山車の組み立てに参加して〜

              0

                埼玉県川越市にある

                 

                コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                 

                理学療法士の粟生田です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                土曜日曜と川越祭りで使用する町内の山車の組み立てに参加してきました。

                 

                川越お祭り会館に展示するため、祭りの時期とは異なる日程での作業となりました。

                 

                土日とも午前中は仕事があったため、午後のみの参加となってしまいました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                土曜日は雨の中の作業です。

                 

                町内の方々、とび職の方々、皆さんカッパ着用、

                 

                ブルーシートで雨除けを作っての作業です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                日本の伝統工法で作られた山車、

                 

                釘や金属は使わず、凹凸などで組み合わせて組み立てていきます。

                 

                人がのったりすると多少動きますが、

                 

                あえてゆれや遊びを作ることで、

                 

                しなりや衝撃を逃がしているのだと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                車のブレーキやハンドルもそうですが、

                 

                あえて遊びを設けることで、

                 

                反応性を高めたり、適応力を引き出すことにつながります。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ヒトの身体も同様で、

                 

                ロボットのような作りではなく、

                 

                こういった空間、”間”があることで

                 

                思い通りに動くことが出来るのだと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                また、木を使用した工法により、

                 

                しなりで衝撃や動力の負荷を分散させる様子は、

                 

                しなやか筋肉や関節、

                 

                しなりのある動きを引き出し、

                 

                ケガのしにくい身体、パフォーマンスの高い身体につながるように感じます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                また、左右前後のバランス、重心と支持面の関係、

                 

                古の知恵と伝統により考え抜かれた工法により、

                 

                安定性と運動性が保障されているのだと思います。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                材質にしても、家や家具でも、木や皮、糸は生きているものを使用することで、

                 

                しなやかさや質感につながっています。

                 

                また、使えば使うほど、味が出てきます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                しかし、その分”手入れ”が大切になります。

                 

                磨いたり、空気を入れてあげたり、手をかけてあげる必要があります。

                 

                それが大変で、近年家でも家具でも手入れのいらないものがいいという方も増えています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                その反面、天然の素材の物を使いたい方が増えていたり、

                 

                革製品が見直されたりもしてきています。

                 

                昔ながらの靴磨き屋さんに行列ができているところもあるとのことです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                当施設も体に触れる床材にはこだわりました。

                 

                体がふれる材質によって体の反応は変わってくると思っています。

                 

                上記のこともヒトの身体に通じるものがあると感じています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                話しは戻って、悪天候の中でも職人さんたちの力により、

                 

                無事山車は予定通りに完成しました。

                 

                普段は見られない山車の構造を見ることが出来ました。

                 

                息子2人も興味深くみていました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ちなみに山車の上には人形がのります。

                 

                どうやってのせるかご存知ですか?

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                自分も知りませんでしたが、

                 

                とび職の方がおんぶしてはしごで持ち上げていました。

                 

                わかりにくいですが右のはしごを

                 

                黄色いおんぶひもで担いで登っています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                絶対に壊せないものですし、

                 

                人形をいれる山車の内部も狭く、

                 

                担いでいる方はとても大変そうでした。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ちなみに重りをもつだけでバランス練習の難易度が上がります。

                 

                バランスボールに重りをもって座る。

                 

                重りをもって片足立ちをする。

                 

                重りをもって体をひねる。

                 

                重りをもって左右にジャンプする。

                 

                もちろん重りを担いではしごに登ることもです。

                 

                もし、ご興味ある方はお試し下さい。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                 

                 

                健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                にほんブログ村

                にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                にほんブログ村

                にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                にほんブログ村


                健康と医療ランキング


                マラソン・ジョギングランキング


                登山・キャンプランキング


                思い通りに空を飛べる日〜ツバメとボルダング〜

                0

                  埼玉県川越市にある

                   

                  コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                   

                  理学療法士の粟生田です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  先日、朝施設の前を掃除しようとすると

                   

                  いつもあったツバメのフンがなくなっていました。

                   

                  ヒナが飛べるようになった証です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  最近日中はきっと飛ぶのをうまくなる練習とエサをとる練習をしているのでしょう。

                   

                  夕方から戻ってきて、店舗の付近をうまいこと飛び回っています。

                   

                  看板用の照明がお気に入りです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  以前、狭い巣におしくらまんじゅう状態と書きましたが、

                   

                  今は使っていない巣4つに1羽ずつ広々と使っています。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  最近、当施設ではスポーツクライミングをしている小中学生が少し増えました。

                   

                  昔に比べて最近はホールド(つかまる突起物)から次のホールドに

                   

                  飛びついて移る課題が増えているそうです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ランジやダイノといったダイナミックなムーブや

                   

                  多彩な手の使い方、ホールドのつかみ方もどんどん進化しており、

                   

                  様々な動きに対応できる身体作りが求められています。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  「うまく飛べるようになりたいです。」といった目標もきかれます。

                   

                  思い通りに飛べる日を目指し、

                   

                  様々な動きに対応できる身体作りをサポートしていきたいです。

                   

                   

                   

                   

                  12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                  腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                  症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                   

                   

                  健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                  にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                  にほんブログ村

                  にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                  にほんブログ村

                  にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                  にほんブログ村


                  健康と医療ランキング


                  マラソン・ジョギングランキング


                  登山・キャンプランキング


                  ロードバイクとかけまして日本茶とときます〜熱中症予防に水分補給を〜

                  0

                    埼玉県川越市にある

                     

                    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                     

                    理学療法士の粟生田です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    連日の猛暑が続き、疲労がたまっている会員様もいらっしゃいます。

                     

                    昨日の日曜の朝、川にそって走っていましたが、

                     

                    散歩または走っている方はいつもより少なかったです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    そんな中でも多くすれ違うのは、

                     

                    ロードバイクの方々です。

                     

                    以前も峠や川岸などでは多く見かけましたが、

                     

                    最近は町中でもどんどん増えてきているように感じます。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    会員様でロードバイクをされている方から頂きました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    その名も「じてん茶」。

                     

                    パッケージには「シャカシャカふって、シャカシャカ漕ぐ」。

                     

                    水出しの日本茶です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    先週末は運動会などを行う小学校も多く、

                     

                    遠足や踊りのイベントなども多い時期となっています。

                     

                    熱中症予防のための水分補給に皆様ご注意ください。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                     

                     

                    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                    にほんブログ村

                    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                    にほんブログ村

                    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                    にほんブログ村


                    健康と医療ランキング


                    マラソン・ジョギングランキング


                    登山・キャンプランキング


                    排泄で体調の変化に気づく〜狭い住居から落ちてくるもの〜

                    0

                      埼玉県川越市にある

                       

                      コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                       

                      理学療法士の粟生田です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      朝施設の前を掃除しているのですが、

                       

                      数日前に施設前にあるツバメの巣で

                       

                      ヒナがかえったのではないかと感じました。

                       

                      (生まれたばかりのヒナは外から見えません。)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      そう思った理由は巣の下に落ちているフンの

                       

                      量、形状などに変化があったからです。

                       

                      ツバメとはいえ毎朝フンの状態を観察していると

                       

                      いろいろ見えてくるものもあるのかもしれません。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      人間・ヒトでもフンや尿、汗、垢、頭髪などなど、

                       

                      排泄物などの状態を感じるとることで

                       

                      自分の身体・健康の状態を知る手がかりになると思います。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      あまり気にしすぎるというより、

                       

                      なんとなくいつもと違う、

                       

                      前にも似たようなことがあったな等、

                       

                      ちょっとした変化に気づくことがまず大切なのだと思います。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      気づくことで食事や睡眠、ストレスなど原因を考えるきっかけになります。

                       

                      そして、課題を解決するためにはどうすればいいのかを考えるようになります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      話変わって下の写真は本日のツバメの巣です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      プクプクしたヒナが狭い居住空間でおしくらまんじゅう状態です。

                       

                      会員の皆様が落ちないか心配しておられました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      数日で大きくなり、数日で飛び方を覚えて、

                       

                      数日で飛び去ってしまうツバメ達。

                       

                      今しばらく楽しませて頂きます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                      腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                      症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                       

                       

                      健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                      にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                      にほんブログ村

                      にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                      にほんブログ村

                      にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                      にほんブログ村


                      健康と医療ランキング


                      マラソン・ジョギングランキング


                      登山・キャンプランキング


                      | 1/35PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

                      コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM