甘さに麻痺した味覚〜食品に含まれる砂糖の量は?〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

     

    暑い日も増え、GWに向け過ごしやすくなってきそうです。

     

    ジムでも汗をかきやすくなったとの声が増えてきています。

     

    また、ダイエットを意識する方も増えてくる季節かと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そこで、少し前に読んだ本に書いてあったお話をご紹介させて頂きます。

     

    まずは朝食を変えようと

     

    コーヒー、トースト、バターやマーマーレード、ベーコンエッグなどから、

     

    低脂肪で植物繊維の多いオールブランに、

     

    ヘルシーな豆乳を一杯かけたものを、

     

    紅茶と、脂肪分ゼロで濃縮還元ではない

     

    フロリダ産天然果汁のオレンジシュースと一緒にとり、

     

    これに脂肪の少ないフルーツヨーグルトも食べることにしようと考えたとします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、その植物繊維たっぷりのシリアルには

     

    20g、つまり小さじ5杯分の砂糖が入っており、

     

    シリアルにかける豆乳には小さじ一杯の砂糖、

     

    濃縮還元でないいいお値段のする100%オレンジジュースを

     

    小さなグラス一杯飲むと、その中には小さじ4杯の砂糖が含まれているそうです。

     

    さらに低脂肪ヨーグルトの分で小さじ三杯の砂糖。

     

    これだけで13杯、フルーツの量次第ではさらに増えます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こんなに多くの砂糖が含まれているのに気づかない。

     

    食品メーカーの科学的な処理、材料の加工、舌触りの調節、食塩の添加など

     

    巧みな(?)製造工程と、

     

    「砂糖無添加」のラベルに惑わされ、

     

    昔のように自分で砂糖を入れているわけでもないのに、

     

    しらずしらずに多量の砂糖を摂取してしまっています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    コンビニでスウィーツや甘い飲料水を買おうものなら

     

    この比ではありません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    昔より甘い食べ物を口にする機会が増え、

     

    加工食品やジュースに加えられる砂糖の量も増加し、

     

    甘さを感じる閾値も高くなっているそうです。

     

    そのため、満足感を得るにはよりいっそうの砂糖が加えられます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    野菜や果物も肥料や品種改良に力を入れ、

     

    甘く甘くなってきています。

     

    甘いと高級というイメージすらあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    砂糖が全て問題あるわけではありませんし、

     

    天然由来の砂糖やハチミツ、果物、

     

    糖類に含まれているものにするなどの意識や、

     

    野菜と一緒に摂取するなどの工夫は必要かと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ここで述べられているポイントとして、

     

    製品に砂糖がすでに加えられているものが増えてきていることが挙げられています。

     

    既製品や外食をする場合はもちろん、

     

    そんなに甘く感じなくても多量の砂糖が入っている場合があるそうです。

     

    そして、それに気づかない味覚になっている。

     

    させられていることが少し怖いなと思いました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    天然の、良質の甘味を、

     

    適量とるようにこころがけていければと感じた今日この頃です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちなみに参考文献は

     

    「ダイエットの科学〜「これを食べれば健康になる」のウソを暴く〜」

     

    ティム・スペクター著、白揚社になります。

     

     

    他にも栄養面で参考になる情報が沢山あったので、

     

    ご紹介できればと思っています。

     

     

     

     

     

     

     

    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    | 1/16PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

    コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM