足がつるのを予防する栄養素は?〜足のつりが起こりやすい病気・原因について〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    先日、会員様から「最近、夜や朝方に足がつりやすい。」

     

    といったお話をきくことが増えています。

     

    特に女性の方が多いように感じます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    特に朝方つりやすいという方の天敵は「冷え」かと思います。

     

    毛布から足先をだしていて、

     

    足先を冷やすのは要注意です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    寝ている時は、同じような姿勢を長時間とっていて、

     

    動いてないので血流は滞りやすく、

     

    朝方は眠りも浅くなりやすいのも影響していると思われます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    足のむくみやすい方、長時間の立ち仕事、

     

    営業などで足に疲れをため込みやすい、

     

    疲れやむくみも足の血流を阻害しやすいので要注意です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    腰痛や膝の痛みがある方も要注意です。

     

    脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアなどの腰部疾患は足のつりの原因になりやすく、

     

    膝裏が硬くて痛みが生じやすい方も

     

    膝裏の血管の流れが悪くなっている恐れがあるためです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それらの要因に対して、睡眠前にしっかりと入浴し、

     

    身体を温め、血流を促す。

     

    上記の部位を中心にストレッチをする。

     

    水分を適度にとっておく。などのケアをするのも大切です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、会員様からの質問で

     

    「どんな栄養素をとるとつりにくくなりますか?」とのこと。

     

    「錠剤や漢方でいいのがありますか?」などもきかれることがあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    栄養で言うとまずは「カリウム」が大切になります。

     

    バナナなどが多く含まれます。

     

    夏場のスポーツ前のバナナはおススメです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    他にも疲労や脱水によるイオンバランスの乱れも影響している場合があるので、

     

    カルシウム、ミネラル、マグネシウムなどの補給も大切です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    上記でもふれましたが脱水もよくないので、

     

    水分摂取も重要です。

     

    イオンバランスを考えると睡眠前のスポーツドリンクをすすめている方もいます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、筋肉の疲労に有効なビタミンB1やタウリンなども有効といわれています。

     

    上記に加え、血流をうながす意味で

     

    ニンニク、ショウガ、ラッキョウ、梅干しなどなどもいいかもしれません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちなみに漢方では「芍薬葛根湯」を飲み始めて

     

    足がつりにくくなったという方もいらっしゃいます。

     

    ただし、これらにも種類があるようで、

     

    高価なものはよくきくとおっしゃられる方もいます。

     

    このあたりは自分は詳しくないので専門店で聞いてみて下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もし、栄養まで考えるのが大変だという方は、

     

    身体を温める意味で就寝前に暖かい飲み物を飲むだけでもいいので、

     

    足のつりを何とかしたい方は試していただけたらと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、糖尿病などの代謝異常、動脈硬化症などの血管関連の疾患、

     

    高血圧や利尿剤など薬物の副作用、妊婦などなど他に原因がある場合もあります。

     

    上記を行ってもまったく変わらない方や、

     

    他の原因ではないかとご心配な方は医療機関などにご相談してみて下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    | 1/6PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

    コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM