毎朝のトレーニングと練習仲間のレベル〜サッカー元日本代表遠藤保仁選手の原点〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

     

     

    小江戸川越ハーフマラソンの親子Funrun(4km)にエントリーしようとしましたが、

     

    人気が高いためか申し込み開始とともに手続きを開始するも

     

    いっぱいになってしまい参加することは出来なくなってしまいました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、夏休み中の長男とのジョギングは時々続けていこうと思っています。

     

    先日も6時前くらいにマラソンコースの近くを

     

    親子で走っている方を見かけました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    会員の小学生で6〜9時まで

     

    彩湖の周りをバイクで走ってきたという子もいます。

     

    日焼けで真っ黒です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    子供の頃から毎朝30分でも何かに打ち込むと

     

    将来ものすごい力につながるのではと感じています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最近読んだサッカー元日本代表の遠藤保仁選手の著書、

     

    「自然体〜自分のサッカーを貫けば、道は開ける〜」の中で、

     

    遠藤選手は子供の頃、兄弟と近所の子供5人で、

     

    毎朝7時〜7時半まで庭でサッカーをしていたそうです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    毎朝続けることも大切ですが、

     

    一緒に練習した仲間のレベルも大切です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    遠藤選手は鹿児島でも有名な遠藤3兄弟の末っ子で、

     

    6歳上の長男は鹿児島実業で前園と同期で背番号10を背負い、

     

    高校選手権で2、3年連続で優秀選手に選出されているほどの選手です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    4歳年上の次男も横浜マリノス、神戸で活躍し、

     

    アトランタオリンピックにも出場しているほどの選手です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    技術ももちろんですが、

     

    身体的な差も、

     

    子供の時のこの年齢差は大きいです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    だからこそどうすれば対抗できるかを考えたそうです。

     

    スピードやパワーで勝てないからこそ

     

    頭をつかって考え、動きや流れを読む力が高まったと述べられています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして、暇さえあれば世界レベルのサッカーのビデオをずっと観ていたそうです。

     

    テレビゲームはほとんどしなかったそうです。

     

    サッカーか泳いだり、虫をとったりの自然での遊びが中心。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こういった感性や環境に恵まれたからこそ、

     

    日本代表最多キャップ、Jリーグ最多アシストなどの記録と

     

    39歳になった今でも活躍できているのだと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    何かに没頭する力、あこがれる力は偉大です。

     

    そういった力を引き出し、

     

    サポートできる環境作りをしていけたらと考えています。

     

    今、いろいろ検討していますが、近日ご報告できればと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    | 1/16PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

    コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM