膝の外側の痛みに対するおススメリハビリ(その) 〜ランナー膝〜

0

    埼玉県川越市にあるコンディショニングジムブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

    前回・前々回に続き、今日も“ランナー膝”のコンディショニング・リハビリについてご紹介します。

     

    痛みの原因として大腿筋膜張筋(腸脛靭帯)が影響しているので、

     

    その原因を軽くしましょうということでマッサージとストレッチをご紹介しましたが、

     

    本日はその原因を作っている姿勢の改善のためのストレッチと筋力トレーニングを説明します。

     

     

    特にO脚で靴の外側がすり減りやすい人は、

     

    太ももとお尻の内側の筋力トレーニングと

     

    足の付け根の前側のストレッチが有効かと思われます。

     

    の付け根のストレッチとしては、

     

     

    などがあります。

     

    太もも内側の筋力トレーニングとしては、

     

     

    ボールやバスタオルを挟むというやり方があります。

     

    これにカーフレイズやスクワットを加えると

     

    より両足全体の姿勢の改善につながります。

     

     

    特に足裏の親指側に荷重をかけるのを意識すると

     

    普段外側荷重になりやすいのでその改善にも有効です。

     

     

    これは自分も時々ですがやるようにしています!

     

    おススメです。

     

     

     

    10年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

     


    | 1/4PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

    コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM