スキー部のオフトレを開催させていただきました〜動的バランスに必要な要素とは?〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

     

    先日の文化の日にスキーをされている方々のオフトレを

     

    当施設で行わせて頂きました。

     

    参加者は12名で、テーマは”バランス”でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回のスキー部の方々は、3年続けてオフトレを行って頂いており、

     

    昨年のテーマもバランスだったので、

     

    今回は「動的バランス」と少しステップアップした内容を設定しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    バランスには2種類にあって、

     

    「静的バランス」と「動的バランス」に分けられます。

     

    「静的バランス」とは、止まっている時のバランスをさし、

     

    「動的バランス」とは、動いている時のバランスをいいます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    具体的には、静的バランスは、片足で立つ。バランスボールの上に座る。

     

    動的バランスは、転倒せずにスキーですべる。

     

    ラグビーで走っていてぶつかられても倒れない。飛び石でジャンプする。などです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポーツでは動的バランスが大切になってきます。

     

    なので、バランスをとりながら動く。

     

    姿勢を保ちながらも身体の一部を動かす。

     

    といった動的バランスを意識して鍛えることも必要だと考えます。

     

    (もちろん静的バランスも重要ですが)

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今回は講義形式はほとんど行わず、

     

    トレーニングをしながらバランスに必要な要素などの説明や

     

    ストレッチのコツなどを付け加えてお話させて頂きました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    3時間あったので、最初の1時間を「動的ストレッチ」中心に行い、

     

    休憩をはさみ次の1時間を「体幹・殿筋トレーニング」、

     

    最後の1時間は楽しみながら「動的バランストレーニング」を行いました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    キーワードは「ひねる動き」、

     

    サブテーマは「動いてもバランスを崩さない〜ひねる動きの運動性を高める〜」です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    股関節、肩関節、脊柱などを前後、左右に大きく動かす筋肉は表層にあります。

     

    それに比べ、関節、姿勢の安定性をになうのは「ひねる筋肉(回旋筋)」であり、

     

    ひねる筋肉は一番奥、深層にあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    身体の一番奥にあるので、血行が悪くなったり、

     

    あまり使われずに働きが鈍くなったりしやすい筋肉です。

     

    そのため、「ひねる筋肉は硬くなりやすい」です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そのため、お尻の奥の筋肉が硬くなると坐骨神経痛の原因になったり、

     

    肩の奥の筋肉が硬くなると四十肩を引き起こしたり、

     

    脊柱の奥の筋肉が硬くなると腰痛につながったりします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そこで、まずはそれらに影響する筋肉の「動的ストレッチ」を行いました。

     

    詳細は割愛しますがジーっと伸ばすのではなく、

     

    動かしながら柔軟性を促していくストレッチのやり方になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    次に体幹・殿筋の筋肉の促通を図っていきました。

     

    バレエや相撲の四股、腰割り等の動きも取り入れ、

     

    股関節の安定性と運動を高める運動をご紹介しました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして、その後はワイワイ楽しみながらバランストレーニングを行いました。

     

    スタックラインやバランスボードなどいかにもバランス練習といったものから、

     

    バトルロープ、ボルダリングといったバランスとは一見関係なさそうながら

     

    バランスや体幹・殿筋を鍛えるメニューまで幅広く行いました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    トレーニングの様子になります。

     

    今回、あまり写真がとれていませんが、

     

    雰囲気だけでもご紹介できればと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    スポーツにバランスは重要だとは皆様感じられているとは思いますが、

     

    意外と意識してトレーニングはしていないという方も多いです。

     

    そこで今回、バランスの簡単な評価方法とトレーニングをご紹介させて頂きました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    バランスは筋力トレーニングと違い、

     

    どのくらいの負荷で、どのくらい行えば力がつく。

     

    といったものではありません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    考え、感じながら、繰り返し練習することで出来るようになる。

     

    「コツをつかんでいく。」感覚だと思います。

     

    「習うより慣れろ。」です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、今回、動的ストレッチの終了時点で

     

    「けっこう体を動かした気がする。」との意見もきかれました。

     

    数日後、「トレーニングから帰って疲れて寝てしまった。」といったお話もきかれました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    負荷量高めだったかもしれませんが、

     

    皆さま集中して取り組んで下さり、

     

    とても充実した時間となりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    参加して頂いた方々、お声かけ下さいました方々に感謝です。

     

    また機会がありましたらこういったことも増やしていければと思います。

     

    ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひお声かけ下さい。

     

     

     

     

     

     

     

     

    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

    コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM