コラーゲンを飲むと関節の痛みがとれたり、お肌がツルツルになる?〜同化と異化と科学的な考え方〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最近膝が痛くなってきた会員様が、

     

    「膝が痛いといったら、知り合いにコラーゲンを飲むといいとすすめられた。」

     

    とおっしゃっていました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    関節の間にコラーゲンが作りだされ、

     

    膝の軟骨が守られるといった理論のようです。

     

    関節の摩擦が軽減されるといった説明もあるようです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こういったサプリメントで痛みが取れる。といった考えは、

     

    他にも、登山やスキーで有名な方がCMをしている製品であったり、

     

    コラーゲンをとるとお肌がつるつるになる。

     

    といった考えにも通じるものがあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分もどういった製品かしらないものなので断言はできませんが、

     

    科学的に考えると

     

    コラーゲン、つまりタンパク質は口から摂取されると

     

    消化される過程の中で、

     

    一度ペプチドやアミノ酸といったより小さな分子に分解されます(異化)。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして体の各部位に運ばれて、

     

    そこで再びタンパク質(筋肉など)を作りだします(同化)。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ここでポイントなのは、

     

    コラーゲンを摂取したとしても、

     

    一度分解した後、再合成した時に、

     

    必ず再びコラーゲンになるというわけではない。ということです。

     

    というか、まったく関係ありません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    骨でも筋肉でも一度口から摂取したものは、

     

    そのままや骨や筋肉になるのではなく、

     

    一度小さく小さく分解され、体中に運ばれた後に、

     

    再び骨や筋肉になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なので、高いコラーゲンやサプリメントを摂取しても、

     

    卵や納豆、肉魚を摂取しても、

     

    変わりはありません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もちろんタンパク質以外の栄養素などは異なるので、

     

    どれを食べるかで栄養価や体の反応は異なります。

     

    しかし、コラーゲンでなくて美味しいお肉にしてもよいのかもしれません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、もう一つ大切なポイントとして、

     

    同化・異化というのは体を作りだす反応であり、

     

    言い換えれば「代謝」となります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    さらに違う言い方をすれば酸化・還元反応という

     

    昔、理科の教科書に載っていたような作用となります。

     

    なので、酸素や水も必要になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そのため、代謝には水を沢山飲んだり、

     

    しっかり呼吸をしたり、

     

    その作用を高める栄養素としてのミネラルやビタミンをとることなども必要です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    さらにしっかりと栄養を体の各部位に運ぶためには、

     

    血管がしっかりと働く必要もあります。

     

    また、運ばれた場所で、刺激を与えることも重要です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    筋肉であれば力を出して筋肉を刺激してあげること、

     

    骨であればしっかりと荷重をかけたり、動かしてあげて刺激をあたえること、

     

    そういった刺激を与えないと

     

    栄養があっても筋肉や骨は十分に作り出されません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なので、体作りのために、代謝を高めるためには、

     

    運動をすることで、血流を促したり、刺激を与えること。

     

    ストレッチなどをして体の血流がよくなること。

     

    有酸素運動をしてしっかりと酸素を取り入れること。

     

    なども重要になります。

     

    また、運動で痛みの成分や老廃物を洗い流すことも必要です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、サプリメントやコラーゲンを摂取することに

     

    まったく意味がないともいいきれません。

     

    メンタルの作用も大切です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    きくと思えば、実際には科学的に意味はなくても、

     

    いい効果をおよぼすこともあるかと思います。

     

    人間は心の持ちようで、体が良くもなれば、悪くもなります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そのため、きかれた際には、そのように説明させて頂くこともあります。

     

    しかし、運動やストレッチが大切なこと、

     

    栄養や呼吸が大切なこと、

     

    休息や睡眠が大切なこと、

     

    そういったことはどちらにしても大切だと考えています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こういった健康や運動に関する情報に対するリテラシーも大切です。

     

    その上で、リテラシーだけに固執せずに、

     

    自分にとって有効な方法を

     

    ご自身で見つけだしてみることがより大切なのだと考えます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    もし、代謝や栄養などについても、

     

    ご興味ある方がいらっしゃいましたらお声かけ下さい。

     

     

     

     

     

    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

    コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM