手作りすべり台を作成しました!作成経過その 疎隆瓦搬腰を鍛える動き〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

    5月の週末にすべり台を作成していました。

     

    廃材を利用したので、長さをそろえたり、

     

    強度を上げたりするのに時間がかかってしまい、

     

    今週末完成予定です。

     

     

     

     

     

     

    作成している様子を3回程度に分けて書かせて頂きます。

     

    まずは土台の作成です。

     

    今回施設奥の運動スペースの、中2階から滑り降りれるものを作ろうと考えました。

     

     

     

     

     

     

     

    自作とはいえけっこうな高さから滑り降りるので、

     

    しっかりとした強度をつけたいと考えました。

     

    ただ、素人なので作りやすさとの兼ね合いと

     

    ある材料を活かしてできる設計にしました。

     

     

     

     

     

     

     

     

    土台は太い木材を組み合わせ、

     

    滑走面は鉄板で強度を出し、

     

    その上にコンパネを張ることにしました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    第一段階です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    すべり台を作る工程で、”太い木材を斜めに切る”必要がありました。

     

    太い木材を切るので、電動丸ノコを使う必要があります。

     

    直線、斜めと切るために、丸鋸定規というものも必要です。

     

     

     

     

     

     

     

    ホームセンターで見てみたら結構値段がするので、

     

    You tubeを見て自作してみました。

     

    板を切って張り合わせただけです。

     

     

     

     

     

     

     

     

    これがあるだけで作業がだいぶ楽になりました。

     

    今はホームセンターや通販で様々な材料が簡単に手に入ります。

     

    作り方もyou tubeや書籍で色々紹介されているので助かります。

     

    今後も手作りできるものはなるべく自分で作っていこうと思っています。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちなみに斜めに切る用の丸鋸定規も作ってみました。

     

    これもななめに切ったものを張り合わせるだけです。

    (わかりにくいですが、左側の板の左端が斜めになっています)

     

    これもこれだけで、できる工程の幅が広がりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちなみに自分が作っている横で子供たちも何か色々作っています。

     

    長男はこのステイホーム期間で

     

    だいぶのこぎりを使いこなせるようになりました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    のこぎりを使っていると自然に体幹と足腰が鍛えられます。

     

    のこぎりの刃先(末梢)からの感覚入力が、

     

    姿勢をコントロールする働き、

     

    体幹と足腰(中枢)を安定させる運動出力を高める効果があると考えます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    以前も書かせて頂きましたが、

     

    釘を打つ、ねじを回す、やすりをやする等など、

     

    大工仕事は体幹の働きを高めてくれる効果が期待できると思います。

     

     

     

     

     

     

    もちろん丹田や呼吸を意識しないと、

     

    体幹をしっかりと使えずに、

     

    腰や首、肩の緊張を高めてしまうだけになるのでご注意下さい。

     

     

     

     

     

     

     

    次回は作成経過その△陵縦蠅任后

     

     

     

    13年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930   
    << September 2020 >>

    脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

    コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM