コラーゲンを飲むと関節の痛みがとれたり、お肌がツルツルになる?〜同化と異化と科学的な考え方〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最近膝が痛くなってきた会員様が、

     

    「膝が痛いといったら、知り合いにコラーゲンを飲むといいとすすめられた。」

     

    とおっしゃっていました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    関節の間にコラーゲンが作りだされ、

     

    膝の軟骨が守られるといった理論のようです。

     

    関節の摩擦が軽減されるといった説明もあるようです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こういったサプリメントで痛みが取れる。といった考えは、

     

    他にも、登山やスキーで有名な方がCMをしている製品であったり、

     

    コラーゲンをとるとお肌がつるつるになる。

     

    といった考えにも通じるものがあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分もどういった製品かしらないものなので断言はできませんが、

     

    科学的に考えると

     

    コラーゲン、つまりタンパク質は口から摂取されると

     

    消化される過程の中で、

     

    一度ペプチドやアミノ酸といったより小さな分子に分解されます(異化)。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そして体の各部位に運ばれて、

     

    そこで再びタンパク質(筋肉など)を作りだします(同化)。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ここでポイントなのは、

     

    コラーゲンを摂取したとしても、

     

    一度分解した後、再合成した時に、

     

    必ず再びコラーゲンになるというわけではない。ということです。

     

    というか、まったく関係ありません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    骨でも筋肉でも一度口から摂取したものは、

     

    そのままや骨や筋肉になるのではなく、

     

    一度小さく小さく分解され、体中に運ばれた後に、

     

    再び骨や筋肉になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なので、高いコラーゲンやサプリメントを摂取しても、

     

    卵や納豆、肉魚を摂取しても、

     

    変わりはありません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    もちろんタンパク質以外の栄養素などは異なるので、

     

    どれを食べるかで栄養価や体の反応は異なります。

     

    しかし、コラーゲンでなくて美味しいお肉にしてもよいのかもしれません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、もう一つ大切なポイントとして、

     

    同化・異化というのは体を作りだす反応であり、

     

    言い換えれば「代謝」となります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    さらに違う言い方をすれば酸化・還元反応という

     

    昔、理科の教科書に載っていたような作用となります。

     

    なので、酸素や水も必要になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そのため、代謝には水を沢山飲んだり、

     

    しっかり呼吸をしたり、

     

    その作用を高める栄養素としてのミネラルやビタミンをとることなども必要です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    さらにしっかりと栄養を体の各部位に運ぶためには、

     

    血管がしっかりと働く必要もあります。

     

    また、運ばれた場所で、刺激を与えることも重要です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    筋肉であれば力を出して筋肉を刺激してあげること、

     

    骨であればしっかりと荷重をかけたり、動かしてあげて刺激をあたえること、

     

    そういった刺激を与えないと

     

    栄養があっても筋肉や骨は十分に作り出されません。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なので、体作りのために、代謝を高めるためには、

     

    運動をすることで、血流を促したり、刺激を与えること。

     

    ストレッチなどをして体の血流がよくなること。

     

    有酸素運動をしてしっかりと酸素を取り入れること。

     

    なども重要になります。

     

    また、運動で痛みの成分や老廃物を洗い流すことも必要です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、サプリメントやコラーゲンを摂取することに

     

    まったく意味がないともいいきれません。

     

    メンタルの作用も大切です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    きくと思えば、実際には科学的に意味はなくても、

     

    いい効果をおよぼすこともあるかと思います。

     

    人間は心の持ちようで、体が良くもなれば、悪くもなります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    そのため、きかれた際には、そのように説明させて頂くこともあります。

     

    しかし、運動やストレッチが大切なこと、

     

    栄養や呼吸が大切なこと、

     

    休息や睡眠が大切なこと、

     

    そういったことはどちらにしても大切だと考えています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    こういった健康や運動に関する情報に対するリテラシーも大切です。

     

    その上で、リテラシーだけに固執せずに、

     

    自分にとって有効な方法を

     

    ご自身で見つけだしてみることがより大切なのだと考えます。

     

     

     

     

     

     

     

     

    もし、代謝や栄養などについても、

     

    ご興味ある方がいらっしゃいましたらお声かけ下さい。

     

     

     

     

     

    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    防球ネットや人工芝を設置しました〜キャッチボールや裸足で走れる環境を〜

    0

      埼玉県川越市にある

       

      コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

       

      理学療法士の粟生田です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      昨年からちょっとづつ準備をすすめていましたが、

       

      施設の横にキャッチボールや

       

      裸足で思いっきり走れるスペースを作りました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      壁当てやストラックアウトも行えます。

       

      ただ、まだ防球ネットは設置途中なので、

       

      思いっきりキャッチボールいうわけにはいきません。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      スペース的に思いっきり走り回るというわけにもいきませんが、

       

      エアトラック(オレンジのトランポリンみたいなもの)や

       

      台や天井からロープ、シルクサスペンションを設置したので、

       

      小さなお子さんは結構楽しんで使えるかと思います。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      もちろん大人の方も、ぜひご利用下さい。

       

      おススメは雲梯で、ぶら下がり健康器としてもご利用できます。

       

      また、ロープ登りにもチャレンジしてみて下さい。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      元々あったボルダリングや雲梯とも

       

      空間的につながったので、

       

      子供達は障害物競争と言って走っています。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      今後は卓球台やバスケットゴール、バトミントンのネットなども

       

      置こうと考えていましたが、

       

      子供達がメインで使うなら

       

      もっと違った内容でもいいのかなと考え中です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      ご興味のある方はお声かけ下さい。

       

      ちなみに休憩スペースも作成中です。

       

      お子様を遊ばせながら、

       

      ご両親の方もゆっくりできる空間に出来ればと考えています。

       

      もちろん、ご一緒に運動して頂くことも出来ます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      昨日から営業を開始しました。

       

      今年もよろしくお願い致します。

       

       

       

       

       

       

       

      12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

      腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

      症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

       

       

      健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

      にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
      にほんブログ村


      健康と医療ランキング


      マラソン・ジョギングランキング


      登山・キャンプランキング


      親子マラソンに参加してきました〜年の最後にお宝もゲットしました〜

      0

        埼玉県川越市にある

         

        コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

         

        理学療法士の粟生田です。

         

         

         

         

         

         

         

         

        昨日、熊谷スポーツ文化公園で行われたベジタブルマラソンに

         

        息子と一緒に親子マラソン(2km)で参加してきました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        小学3年生から年少まで参加できるのですが、

         

        トップは何年生かわかりませんが”7分8秒”と

         

        かなり速いタイムで驚きでした。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        小学1年の息子は頑張っていましたが、

         

        10分以上かかっていました。

         

        でも、うれしそうだったのでなによりです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        また、前回も書かせて頂きましたが、

         

        ゲストランナーは今年プロに転向した

         

        元市民ランナーで有名な川内優輝選手で、

         

        超至近距離でみることが出来ました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        レース前にはじゃんけん大会があり、

         

        10名にサイン色紙がもらえるとのことで息子が参加。

         

        自分は時間が少なかったので参加せずゼッケンをつけていました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        しばらくして息子が戻ってくると

         

        手には川内選手のサイン入り色紙が。

         

        見事勝ち続けお宝をゲットしてきました。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        手渡されるところを写真におさめることが出来なかったのが残念です。

         

        物腰も柔らかく、サービス精神も旺盛でした。

         

        今後も応援させて頂きます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ただ、気になるのは色紙のメッセージ、

         

        「現状打破」とはどういった意味合いなのか…。

         

        他の方も同じメッセージだったのかもわかりません。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        色紙は来年施設に飾らせて頂きます。

         

        また、会員の皆様には今年もお世話になりました。

         

        来年もよろしくお願い致します。

         

         

         

         

         

        12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

        腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

        症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

         

         

        健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

        にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
        にほんブログ村

        にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
        にほんブログ村

        にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
        にほんブログ村


        健康と医療ランキング


        マラソン・ジョギングランキング


        登山・キャンプランキング


        会員の方がハーフマラソンで完走しました〜熊谷ベジタブルマラソンに参加します〜

        0

          埼玉県川越市にある

           

          コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

           

          理学療法士の粟生田です。

           

           

           

           

           

           

           

           

          ちょっと前の話になりますが、

           

          会員の方が小江戸川越ハーフマラソンで完走しました。

           

          マラソン初チャレンジの方もおり、

           

          スタート時には小雨が心配されましたが、

           

          無事完走され、ホッとしております。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          入会時には左股関節に痛みもあった方ですが、

           

          2年経過され、走った後も痛みが出ない状態になったそうです。

           

          ハイキングなども始められて、

           

          非常に活動範囲が拡がられた印象です。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          痛みがなくなった。可動範囲が拡がった。筋力がついた。姿勢がよくなった。

           

          といった発言もうれしいですが、

           

          出来なかったこと、難しかった動きが出来るようになった。

           

          新しいことにチャレンジできるようになった。など

           

          「趣味などの活動が拡がった」というお話がうかがえるのも

           

          この仕事をしていて非常にうれしい瞬間です。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          話しは変わってこんなブログを書いていながら

           

          自分はハーフマラソンには不参加でした(申し込むも締め切られました)。

           

          そこで年末に行われる「第41回ベジタブルマラソン in熊谷」に申し込みをしました。

           

          といっても親子マラソン(2km)ですが。

           

          ちなみに開催日は12月30日(月)になります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ゲストランナーは市民ランナーで有名だった

           

          「川内優輝選手」がいらっしゃるそうで非常に楽しみです。

           

          今年の4月にプロ転向しましたが

           

          それまでは埼玉県庁に所属し、フルタイム勤務の傍ら練習をしていたそうです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          実業団に所属していないので、

           

          練習時間、走行距離を確保することも難しく、

           

          週二回(水・土曜)強度の高い練習を行い、

           

          他の日はジョグを行っていたそうです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          独自の練習スタイルとしてもう一つ特徴的なのは、

           

          通常のランナーは年1〜2回のフルマラソンに挑戦するところを、

           

          川内選手は年9回、かなり短いスパンで出場しています。

           

          本人いわく、これが「究極のトレーニング」だそうです。

           

          昔からゲストランナーでいろいろなレースを走っている印象がありました。

          (川越小江戸ハーフマラソンももちろん走っております)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          自分はこういった「自分のスタイル」をもった選手が好きです。

           

          もちろん一流の選手はみなそうですが、

           

          いわゆる”王道”でないところに魅力を感じます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          年末は走るものもちろんですが

           

          楽しみが増えました。

           

          ちなみにベジタブルマラソンはお土産に野菜がもらえます。

           

          もしご興味ある方はまだ申し込み可能です(12月8日まで)。

           

          ぜひチャレンジしてみて下さい。

           

           

           

           

           

          12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

          腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

          症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

           

           

          健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

          にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
          にほんブログ村

          にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
          にほんブログ村

          にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
          にほんブログ村


          健康と医療ランキング


          マラソン・ジョギングランキング


          登山・キャンプランキング


          事故にあわニャいようにご注意下さい〜会員の方から頂いた交通安全のグッズ〜

          0

            埼玉県川越市にある

             

            コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

             

            理学療法士の粟生田です。

             

             

             

             

             

             

             

             

            先日、会員の方に頂きものをしました。

             

            交通安全グッズです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            3人の子供たちのために3セットも頂いてしまいました。

             

            一番左の物は手首にあてると勝手に巻きつき、

             

            夜光るので日が短くなってきた最近は重宝しています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            運動とは関係ございませんが、

             

            交通事故にあわないように注意することも

             

            健康に日常生活をおくるためには大切です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            妻の母は相手の不注意でのもらい事故で

             

            首を痛めてから

             

            体調が優れないことも増えてきたそうです。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            自分が事故を引き起こさないように注意することはもちろんですが、

             

            巻き込まれないようにも注意が必要です。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            他にも「病気にならニャい。」、

             

            「ケガをしニャい。」

             

            「不摂生しニャい。」ように、

             

            寒さも厳しくなってきましたがお気をつけてお過ごし下さい。

             

             

             

             

             

             

             

             

            12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

            腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

            症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

             

             

             

             

            健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

            にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
            にほんブログ村

            にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
            にほんブログ村

            にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
            にほんブログ村


            健康と医療ランキング


            マラソン・ジョギングランキング


            登山・キャンプランキング


            スキー部のオフトレを開催させていただきました〜動的バランスに必要な要素とは?〜

            0

              埼玉県川越市にある

               

              コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

               

              理学療法士の粟生田です。

               

               

               

               

               

               

               

              先日の文化の日にスキーをされている方々のオフトレを

               

              当施設で行わせて頂きました。

               

              参加者は12名で、テーマは”バランス”でした。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              今回のスキー部の方々は、3年続けてオフトレを行って頂いており、

               

              昨年のテーマもバランスだったので、

               

              今回は「動的バランス」と少しステップアップした内容を設定しました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              バランスには2種類にあって、

               

              「静的バランス」と「動的バランス」に分けられます。

               

              「静的バランス」とは、止まっている時のバランスをさし、

               

              「動的バランス」とは、動いている時のバランスをいいます。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              具体的には、静的バランスは、片足で立つ。バランスボールの上に座る。

               

              動的バランスは、転倒せずにスキーですべる。

               

              ラグビーで走っていてぶつかられても倒れない。飛び石でジャンプする。などです。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              スポーツでは動的バランスが大切になってきます。

               

              なので、バランスをとりながら動く。

               

              姿勢を保ちながらも身体の一部を動かす。

               

              といった動的バランスを意識して鍛えることも必要だと考えます。

               

              (もちろん静的バランスも重要ですが)

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              今回は講義形式はほとんど行わず、

               

              トレーニングをしながらバランスに必要な要素などの説明や

               

              ストレッチのコツなどを付け加えてお話させて頂きました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              3時間あったので、最初の1時間を「動的ストレッチ」中心に行い、

               

              休憩をはさみ次の1時間を「体幹・殿筋トレーニング」、

               

              最後の1時間は楽しみながら「動的バランストレーニング」を行いました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              キーワードは「ひねる動き」、

               

              サブテーマは「動いてもバランスを崩さない〜ひねる動きの運動性を高める〜」です。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              股関節、肩関節、脊柱などを前後、左右に大きく動かす筋肉は表層にあります。

               

              それに比べ、関節、姿勢の安定性をになうのは「ひねる筋肉(回旋筋)」であり、

               

              ひねる筋肉は一番奥、深層にあります。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              身体の一番奥にあるので、血行が悪くなったり、

               

              あまり使われずに働きが鈍くなったりしやすい筋肉です。

               

              そのため、「ひねる筋肉は硬くなりやすい」です。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              そのため、お尻の奥の筋肉が硬くなると坐骨神経痛の原因になったり、

               

              肩の奥の筋肉が硬くなると四十肩を引き起こしたり、

               

              脊柱の奥の筋肉が硬くなると腰痛につながったりします。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              そこで、まずはそれらに影響する筋肉の「動的ストレッチ」を行いました。

               

              詳細は割愛しますがジーっと伸ばすのではなく、

               

              動かしながら柔軟性を促していくストレッチのやり方になります。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              次に体幹・殿筋の筋肉の促通を図っていきました。

               

              バレエや相撲の四股、腰割り等の動きも取り入れ、

               

              股関節の安定性と運動を高める運動をご紹介しました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              そして、その後はワイワイ楽しみながらバランストレーニングを行いました。

               

              スタックラインやバランスボードなどいかにもバランス練習といったものから、

               

              バトルロープ、ボルダリングといったバランスとは一見関係なさそうながら

               

              バランスや体幹・殿筋を鍛えるメニューまで幅広く行いました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              トレーニングの様子になります。

               

              今回、あまり写真がとれていませんが、

               

              雰囲気だけでもご紹介できればと思います。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              スポーツにバランスは重要だとは皆様感じられているとは思いますが、

               

              意外と意識してトレーニングはしていないという方も多いです。

               

              そこで今回、バランスの簡単な評価方法とトレーニングをご紹介させて頂きました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              バランスは筋力トレーニングと違い、

               

              どのくらいの負荷で、どのくらい行えば力がつく。

               

              といったものではありません。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              考え、感じながら、繰り返し練習することで出来るようになる。

               

              「コツをつかんでいく。」感覚だと思います。

               

              「習うより慣れろ。」です。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              また、今回、動的ストレッチの終了時点で

               

              「けっこう体を動かした気がする。」との意見もきかれました。

               

              数日後、「トレーニングから帰って疲れて寝てしまった。」といったお話もきかれました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              負荷量高めだったかもしれませんが、

               

              皆さま集中して取り組んで下さり、

               

              とても充実した時間となりました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              参加して頂いた方々、お声かけ下さいました方々に感謝です。

               

              また機会がありましたらこういったことも増やしていければと思います。

               

              ご興味のある方がいらっしゃいましたら、ぜひお声かけ下さい。

               

               

               

               

               

               

               

               

              12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

              腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

              症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

               

               

              健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

              にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
              にほんブログ村

              にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
              にほんブログ村

              にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
              にほんブログ村


              健康と医療ランキング


              マラソン・ジョギングランキング


              登山・キャンプランキング


              川越祭りが終わってしまいました〜神社の鏡は身体とこころを映し出す〜

              0

                埼玉県川越市にある

                 

                コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                 

                理学療法士の粟生田です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                少し経ってしまいましたが、10月19日(土)〜20日(日)で川越祭りが行われました。

                 

                心配された天候も10時の山車の出発には雨があがり、

                 

                両日とも無事予定通り行えました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                今回ありがたいことに町内曳き(山車が町内をまわる)の際に、

                 

                赤ちゃんが産まれた家に山車を向けてくれました。

                 

                その時は山車から離れ、家の前で娘と一緒に観させて頂きました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                そして祭りの終わり直前の札の辻です。

                 

                8台の山車が集まってのひっかわせです。

                 

                迫力がありました。

                 

                観光客も密集していたので、事故の無いように

                 

                警察の方が厳しい視線をおくっていました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                途中山車は氷川神社に行き、

                 

                みんなで中に入らしてもらいました。

                 

                そこで川越祭りの本来の意味を少し感じられました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                狂言師野村萬斎さんの言葉ですが

                 

                「日本の祭りの主題は鎮魂と再生」と述べています。

                 

                また、「神社のご神体の多くは鏡であり、

                 

                鳥居をくぐって我々は、

                 

                実は鏡に映る自分に向き合いに行くのかもしれない。」

                 

                とも述べられています。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                身体についても似た部分があると思いました。

                 

                物理的に鏡に映った自分と向き合うことで

                 

                身体の変化や状態を正しく見つめ直す。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                身体の感覚に注意を向け、

                 

                五感から身体と向き合う。

                 

                そして、適切な身体のイメージを築きあげます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                そういったことを通じて、

                 

                自分の今の本当の気持ちや考えを感じ取ります。

                 

                そして本当の意味で受け入れる。

                 

                といったことにつながるのかもと感じました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                お祭りが終わってしまい残念です。

                 

                今から次のお祭りが待ち遠しい今日この頃です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                 

                 

                 


                 

                健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                にほんブログ村

                にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                にほんブログ村

                にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                にほんブログ村


                健康と医療ランキング


                マラソン・ジョギングランキング


                登山・キャンプランキング


                ハロウィンと川越祭り〜ハロウィンの飾りをお客様にいただきました〜

                0

                  埼玉県川越市にある

                   

                  コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                   

                  理学療法士の粟生田です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  いよいよ明日は川越祭りです。

                   

                  軒ぞろえされた町並みはお祭り気分を盛り上げます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  施設の目の前の駐車場には喜多町の山車蔵も組まれ、

                   

                  明日の朝、お祭り会館から山車が運ばれてきます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  数日前より、ちょっと気が早いですが

                   

                  お店の入り口にハロウィンの飾りつけを行っていました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  会員様から頂いたものを、

                   

                  もう少ししてから飾ろうと思っていたのですが、

                   

                  子供達が勝手に飾り付けていました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  明日にせまった川越祭り前日〜当日限定で

                   

                  お祭りバージョンに変更してみました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  センスはいまいちですが

                   

                  ちょっとお祭り色をだしてみました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ちなみに明日はお休みになります。

                   

                  振替にご協力していただいた皆様、

                   

                  ありがとうございました。

                   

                  明日から川越祭りを楽しみたいと思います。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                  腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                  症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                   

                   

                  健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                  にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                  にほんブログ村

                  にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                  にほんブログ村

                  にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                  にほんブログ村


                  健康と医療ランキング


                  マラソン・ジョギングランキング


                  登山・キャンプランキング


                  川越市出身の有名人と言えば?〜人生はほんのひと言で変わる〜

                  0

                    埼玉県川越市にある

                     

                    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                     

                    理学療法士の粟生田です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    ちょっと経ちましたが先日の台風19号の雨は

                     

                    いままでになくすごかったです。

                     

                    14日の朝、ジョギングで通った河川敷にある

                     

                    自分が通っていた高校のラグビーグラウンドの写真です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    坂の下はサイクリングロードが続きますが泥に埋まっています。

                     

                    その向こうにひろがるラグビーグラウンドは全てどろに埋まっています。

                     

                    昔も似た状況はありましたが、ここまでではなかったと思います。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    今回の台風では、川越市にある特別養護老人ホームが

                     

                    大変な被害をうけ、施設の入居者の救助場面が

                     

                    テレビや新聞で連日取り上げられていました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    心配するメールなども沢山いただきました。

                     

                    ”川越市”という町が

                     

                    メディアでかなりとりあげられた影響です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    話変わって、昨日テレビ朝日「あいつ、今何してる」という番組に

                     

                    川越市出身の数少ない有名人舞台俳優の「市村正親」さんが出演していました。

                     

                    自分と同じ小中学校の卒業になります。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    その中でおっしゃっていたのですが、

                     

                    自分が演劇の道に進んだきっかけは、

                     

                    友人の何気ない一言、

                     

                    「一緒に演劇をやらないか?」だったそうです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    2年生の時に行った「3年生を送る会」の演出をしていた友人に

                     

                    演劇未経験にもかかわらず、

                     

                    ちょっとやってみないかと誘われたそうです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    そして、3年から演劇部に入り、演劇に没頭し、

                     

                    高校卒業後は演劇の道に進んだそうです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    そして正親さんがおっしゃっていたお言葉です。

                     

                    「人生はほんのひと言で変わる」

                     

                    人との出会い、言葉との出会い、

                     

                    たまたま出会った人、何気なく言われた言葉、

                     

                    そういったきっかけで人生が変わることもあるのだと改めて感じました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    仕事、友人、家族、

                     

                    声のかけ方一つ、内容ももちろんですが、

                     

                    言葉の選び方、普段よく使う言葉に気をつけなくてはいけない。

                     

                    大切にしなくてはいけないなと思いました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                     

                     

                    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                    にほんブログ村

                    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                    にほんブログ村

                    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                    にほんブログ村


                    健康と医療ランキング


                    マラソン・ジョギングランキング


                    登山・キャンプランキング


                    ラグビーの1番と3番の違い〜身体における形態の対称性?機能の非対称性?〜

                    0

                      埼玉県川越市にある

                       

                      コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                       

                      理学療法士の粟生田です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      先程ラグビーワールドカップ日本対スコットランド戦が終了しました。

                       

                      見事、日本の勝利!

                       

                      準々決勝進出です!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      松島選手、福岡選手の両ウイングもお見事でしたが、

                       

                      本日は両プロップ、1番と3番について書かせて頂きます。

                       

                      試合をご覧になっている方はご存知でしょうが、

                       

                      ジャパンの1番は稲垣選手、3番は具選手になります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      プロップはスクラムの最前線、

                       

                      相手と一緒に組み合う重要なポジションです。

                       

                      動物で例えられることが多いですが、

                       

                      「ゾウさん」になります。

                       

                      気は優しくて(?)、力持ち、チーム一の巨漢がなることが多いです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      最近は走れるプロップの方も多いですが、

                       

                      一昔前はまず押され負けない重さと力強さが求められていたように感じます。

                       

                      モールやラックから以外でトライすることは少ないです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      本日、貴重な2トライ目を決めた1番稲垣選手は

                       

                      7年ジャパンの代表を務め、

                       

                      初トライになります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      「笑わない男」というキャッチフレーズで

                       

                      女性人気も急上昇中だそうです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      自分も高校の時にラグビーをしていましたが、

                       

                      その時の1番を思い出します。

                       

                      彼も「あまり笑わない男」でした。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      1年生の夏合宿で先輩に披露しなければいけない一発芸では

                       

                      泉谷しげるをノーメイクで演じた男です。

                       

                      当時、バーベルベンチプレス120kg以上挙げ、

                       

                      チーム一屈強な、頼れる男でした。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      3番の具選手は本日は残念でしたが、

                       

                      アイルランド戦含めスクラムの安定にかなり貢献していたと言われています。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      1番と3番、違いはそんなにありませんが、

                       

                      大きな違いは左右の非対称性、

                       

                      スクラムの時に、「1番は左に相手の頭がある」

                       

                      「3番は相手の1番と2番、両側から挟まれています」

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      なので、昔自分の記憶では「きついのは3番」と言われていました。

                       

                      しかし、スクラムからボールをバックスに供給する

                       

                      スクラムハーフをしていた自分からすると

                       

                      「1番が強いと自由にボールを出しやすくなる」ので助かっていました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      どういうことかというとスクラムでボールを入れると

                       

                      自分チームの左側からボールを入れ、

                       

                      相手のスクラムハーフなどのプレッシャーを左側から受けます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      すなわち、スクラムの左側が押されるとボールを出しにくくなります。

                       

                      そのため、1番が強いとスクラム後の展開が楽になる印象です。

                       

                      もちろん3番が弱いとスクラムを回されてしまうのでそこも重要にはなります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      蛇足ですが、フランカーも左右で若干違いがあります。

                       

                      オープンサイドフランカーとブラインドサイドフランカーといい、

                       

                      スクラムに対しボールを供給する側が広い方をオープンサイド、

                       

                      狭い側をブラインドサイドと言います。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      イメージではオープンサイドはバックスに展開した後の

                       

                      カバーをするので走れる人、

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ブラインドは一人でカバーすることが多いので

                       

                      タックルなどが強い人が任されることが多いようです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      なので、1番と3番は左右ほぼ決まっていて、

                       

                      6番と7番は基本6番が左ですが(プロップもロックも背番号が少ない方が左側)、

                       

                      スクラムの位置によって6番・7番は入れ替わることがあります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ですが、昔は6番が左のことが多かったので、

                       

                      相手のプレッシャーを食い止めてくれる

                       

                      強い選手が6番だと助かっていました。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      今のジャパンで言うとリーチ・マイケル選手のポジションになります。

                       

                      日活テレビドラマ「スクール・ウォーズ」の山下真司が

                       

                      現役時代ジャパンで背負っていた番号も6番になります。

                       

                      なので、自分ら世代は”6番”の方が人気があったように感じます。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      バックスもウイングの11番と14番は左右が決まっていることが多いですが、

                       

                      センターの12番と13番は戦術により内側と外側を使い分けていたりします。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ヒトの身体も見た目、「形態」は左右対称ですが、

                       

                      利き手、利き足、

                       

                      「機能」は左右で異なります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      一見、左右対称に思える体幹でさえ、

                       

                      実際には、心臓は左側、肝臓は右側、

                       

                      そのため、両側にある肺も左右の形状が異なっています。

                       

                      腸も左右で位置関係が異なります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ちょっと無理やりでしたが、

                       

                      人間の身体の位置関係(アライメント)と身体の機能の左右の関係性は

                       

                      実は複雑です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ラグビーも昔はもっと対称的でしたが、

                       

                      最近のラグビーは進化し、

                       

                      非対称というより複雑に融合している印象です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      今後、以前も少しふれた2番の堀江選手や

                       

                      昔の選手の話にもふれさせていただきたいと思います。

                       

                      ちなみに最近話題の広瀬選手や

                       

                      以前ご紹介した平尾選手ではなく、

                       

                      伝説のスタンドオフ、松尾雄治選手もぜひ知っておいて頂きたい選手になります。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      完全に健康や予防、トレーニングの話と異なりますが、

                       

                      少しでもラグビーにご興味ある方は

                       

                      今しばらくおつきあい下さい。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                      腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                      症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                       

                       

                      健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                      にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                      にほんブログ村

                      にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                      にほんブログ村

                      にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                      にほんブログ村


                      健康と医療ランキング


                      マラソン・ジョギングランキング


                      登山・キャンプランキング


                      << | 2/39PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                      脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

                      コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM