ラグビーの1番と3番の違い〜身体における形態の対称性?機能の非対称性?〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    先程ラグビーワールドカップ日本対スコットランド戦が終了しました。

     

    見事、日本の勝利!

     

    準々決勝進出です!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    松島選手、福岡選手の両ウイングもお見事でしたが、

     

    本日は両プロップ、1番と3番について書かせて頂きます。

     

    試合をご覧になっている方はご存知でしょうが、

     

    ジャパンの1番は稲垣選手、3番は具選手になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    プロップはスクラムの最前線、

     

    相手と一緒に組み合う重要なポジションです。

     

    動物で例えられることが多いですが、

     

    「ゾウさん」になります。

     

    気は優しくて(?)、力持ち、チーム一の巨漢がなることが多いです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    最近は走れるプロップの方も多いですが、

     

    一昔前はまず押され負けない重さと力強さが求められていたように感じます。

     

    モールやラックから以外でトライすることは少ないです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    本日、貴重な2トライ目を決めた1番稲垣選手は

     

    7年ジャパンの代表を務め、

     

    初トライになります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    「笑わない男」というキャッチフレーズで

     

    女性人気も急上昇中だそうです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    自分も高校の時にラグビーをしていましたが、

     

    その時の1番を思い出します。

     

    彼も「あまり笑わない男」でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1年生の夏合宿で先輩に披露しなければいけない一発芸では

     

    泉谷しげるをノーメイクで演じた男です。

     

    当時、バーベルベンチプレス120kg以上挙げ、

     

    チーム一屈強な、頼れる男でした。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    3番の具選手は本日は残念でしたが、

     

    アイルランド戦含めスクラムの安定にかなり貢献していたと言われています。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    1番と3番、違いはそんなにありませんが、

     

    大きな違いは左右の非対称性、

     

    スクラムの時に、「1番は左に相手の頭がある」

     

    「3番は相手の1番と2番、両側から挟まれています」

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なので、昔自分の記憶では「きついのは3番」と言われていました。

     

    しかし、スクラムからボールをバックスに供給する

     

    スクラムハーフをしていた自分からすると

     

    「1番が強いと自由にボールを出しやすくなる」ので助かっていました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    どういうことかというとスクラムでボールを入れると

     

    自分チームの左側からボールを入れ、

     

    相手のスクラムハーフなどのプレッシャーを左側から受けます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    すなわち、スクラムの左側が押されるとボールを出しにくくなります。

     

    そのため、1番が強いとスクラム後の展開が楽になる印象です。

     

    もちろん3番が弱いとスクラムを回されてしまうのでそこも重要にはなります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    蛇足ですが、フランカーも左右で若干違いがあります。

     

    オープンサイドフランカーとブラインドサイドフランカーといい、

     

    スクラムに対しボールを供給する側が広い方をオープンサイド、

     

    狭い側をブラインドサイドと言います。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    イメージではオープンサイドはバックスに展開した後の

     

    カバーをするので走れる人、

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ブラインドは一人でカバーすることが多いので

     

    タックルなどが強い人が任されることが多いようです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    なので、1番と3番は左右ほぼ決まっていて、

     

    6番と7番は基本6番が左ですが(プロップもロックも背番号が少ない方が左側)、

     

    スクラムの位置によって6番・7番は入れ替わることがあります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ですが、昔は6番が左のことが多かったので、

     

    相手のプレッシャーを食い止めてくれる

     

    強い選手が6番だと助かっていました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今のジャパンで言うとリーチ・マイケル選手のポジションになります。

     

    日活テレビドラマ「スクール・ウォーズ」の山下真司が

     

    現役時代ジャパンで背負っていた番号も6番になります。

     

    なので、自分ら世代は”6番”の方が人気があったように感じます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    バックスもウイングの11番と14番は左右が決まっていることが多いですが、

     

    センターの12番と13番は戦術により内側と外側を使い分けていたりします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ヒトの身体も見た目、「形態」は左右対称ですが、

     

    利き手、利き足、

     

    「機能」は左右で異なります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    一見、左右対称に思える体幹でさえ、

     

    実際には、心臓は左側、肝臓は右側、

     

    そのため、両側にある肺も左右の形状が異なっています。

     

    腸も左右で位置関係が異なります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちょっと無理やりでしたが、

     

    人間の身体の位置関係(アライメント)と身体の機能の左右の関係性は

     

    実は複雑です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    ラグビーも昔はもっと対称的でしたが、

     

    最近のラグビーは進化し、

     

    非対称というより複雑に融合している印象です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    今後、以前も少しふれた2番の堀江選手や

     

    昔の選手の話にもふれさせていただきたいと思います。

     

    ちなみに最近話題の広瀬選手や

     

    以前ご紹介した平尾選手ではなく、

     

    伝説のスタンドオフ、松尾雄治選手もぜひ知っておいて頂きたい選手になります。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    完全に健康や予防、トレーニングの話と異なりますが、

     

    少しでもラグビーにご興味ある方は

     

    今しばらくおつきあい下さい。

     

     

     

     

     

     

     

    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    台風対策と健康のための予防の違い〜予防に対する心構えの難しさとは?〜

    0

      埼玉県川越市にある

       

      コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

       

      理学療法士の粟生田です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      明日から明後日にかけて関東に台風19号が接近してきています。

       

      今までにないくらいの被害をもたらす恐れがある等の報道もされています。

       

      会員様から近くのスーパーで買い物しようとしたら、

       

      缶詰やパンがなかった。レジの行列がすごかったなどのお話をききました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      当施設でも明日ご予約の方に連絡させていただき対応しております。

       

      また、自宅でもプランターなど飛ばされそうなものなどしまったり、

       

      ひもや針金でしばったりしました。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      「予防」:想定される悪化に対して事前に備えておくこと。とあります。

      ウィキペディアより

       

      今回は災害予防ですが、

       

      疾病予防、障害予防も考え方は似ているかと思います。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      将来、生じる恐れのある病気やケガ、痛みなどに対し、

       

      それらが生じないように事前に備えておく。

       

      被害を軽減させるように対策しておく。といった考え方です。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      今回のような台風などとの大きな違いは、

       

      「結果がすぐにわかる」、「原因が明確」、

       

      「だから対策もとりやすい(すぐにとれる)」、

       

      といったことが挙げられます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      台風がくれば何かがこわれたり、川などが氾濫し、人に被害をもたらします。

       

      誰もが目で見て、すぐに状況がわかります。

       

      でも、健康は徐々に蝕まれることが多いです。

       

      なかなか気づかない方もいらっしゃいます。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      台風は強風により何かが壊されたり、飛ばされたりします。

       

      大雨によって川が氾濫したり、土砂崩れが起こったりします。

       

      でも、健康は食事、運動、仕事、ストレス、

       

      姿勢、生活習慣などが複雑に影響し合って崩れていくことが多いです。

       

      何が原因かはっきりしないことも多いかと思います。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      台風は壊れたりしないように補修、回避するための行動が明確です。

       

      停電時の食料備蓄、電池やガスの補充もニュースで促されています。

       

      電話で専門業者に依頼したり、ホームセンターで簡単に購入できます。

       

      でも、健康はどんな食事をすれば、どんな運動をすれば、

       

      どんなストレスコントロールをすれば、どんな生活習慣に変えれば、

       

      病気やケガ、痛みなく健康で幸せな人生をおくれるかはっきりとしません。

       

      なにより時間がかかります。そして、一生続けていかなくてはいけません。

       

      簡単に手軽に手に入るものではありません。

       

      そしてもちろんお金では買えません。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      でも、本当に大切なものは簡単に手に入らないのかもしれません。

       

      家族は結婚すれば手に入ります(それも難しいですが)。

       

      でも、”よい”家族は簡単には手に入りません。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      仕事は就職すれば手に入ります。

       

      でも、”やりがいのある”仕事は簡単には手に入りません。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      人生は生きていれば手にしていられます。

       

      でも、”幸せな”人生は簡単には手に入りません。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      健康も、家族も、仕事も、人生も、

       

      自分で長い時間かけて磨き上げていくものなのかもしれません。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      でもまずできることは食料や電池を買いに行くように、

       

      少し食事の栄養バランスを気をつけてみる(定食に野菜の小鉢をつける)。

       

      少し運動する習慣をつける(週1回ウォーキングを始める)。

       

      明確にできることから始めることが大切だと感じています。

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      屋根が飛ばされてから屋根を戻すのは難しいです。

       

      部屋の中がびちょぬれになってから何とかしようとするのは難しいです。

       

      事前に対策をして、安全に週末をお過ごしください。

       

       

       

       

       

       

       

       

      12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

      腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

      症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

       

       

      健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

      にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
      にほんブログ村

      にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
      にほんブログ村


      健康と医療ランキング


      マラソン・ジョギングランキング


      登山・キャンプランキング


      足がつるのを予防する栄養素は?〜足のつりが起こりやすい病気・原因について〜

      0

        埼玉県川越市にある

         

        コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

         

        理学療法士の粟生田です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        先日、会員様から「最近、夜や朝方に足がつりやすい。」

         

        といったお話をきくことが増えています。

         

        特に女性の方が多いように感じます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        特に朝方つりやすいという方の天敵は「冷え」かと思います。

         

        毛布から足先をだしていて、

         

        足先を冷やすのは要注意です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        寝ている時は、同じような姿勢を長時間とっていて、

         

        動いてないので血流は滞りやすく、

         

        朝方は眠りも浅くなりやすいのも影響していると思われます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        足のむくみやすい方、長時間の立ち仕事、

         

        営業などで足に疲れをため込みやすい、

         

        疲れやむくみも足の血流を阻害しやすいので要注意です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        腰痛や膝の痛みがある方も要注意です。

         

        脊柱管狭窄症や腰椎ヘルニアなどの腰部疾患は足のつりの原因になりやすく、

         

        膝裏が硬くて痛みが生じやすい方も

         

        膝裏の血管の流れが悪くなっている恐れがあるためです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        それらの要因に対して、睡眠前にしっかりと入浴し、

         

        身体を温め、血流を促す。

         

        上記の部位を中心にストレッチをする。

         

        水分を適度にとっておく。などのケアをするのも大切です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        また、会員様からの質問で

         

        「どんな栄養素をとるとつりにくくなりますか?」とのこと。

         

        「錠剤や漢方でいいのがありますか?」などもきかれることがあります。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        栄養で言うとまずは「カリウム」が大切になります。

         

        バナナなどが多く含まれます。

         

        夏場のスポーツ前のバナナはおススメです。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        他にも疲労や脱水によるイオンバランスの乱れも影響している場合があるので、

         

        カルシウム、ミネラル、マグネシウムなどの補給も大切です。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        上記でもふれましたが脱水もよくないので、

         

        水分摂取も重要です。

         

        イオンバランスを考えると睡眠前のスポーツドリンクをすすめている方もいます。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        また、筋肉の疲労に有効なビタミンB1やタウリンなども有効といわれています。

         

        上記に加え、血流をうながす意味で

         

        ニンニク、ショウガ、ラッキョウ、梅干しなどなどもいいかもしれません。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        ちなみに漢方では「芍薬葛根湯」を飲み始めて

         

        足がつりにくくなったという方もいらっしゃいます。

         

        ただし、これらにも種類があるようで、

         

        高価なものはよくきくとおっしゃられる方もいます。

         

        このあたりは自分は詳しくないので専門店で聞いてみて下さい。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        もし、栄養まで考えるのが大変だという方は、

         

        身体を温める意味で就寝前に暖かい飲み物を飲むだけでもいいので、

         

        足のつりを何とかしたい方は試していただけたらと思います。

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

         

        しかし、糖尿病などの代謝異常、動脈硬化症などの血管関連の疾患、

         

        高血圧や利尿剤など薬物の副作用、妊婦などなど他に原因がある場合もあります。

         

        上記を行ってもまったく変わらない方や、

         

        他の原因ではないかとご心配な方は医療機関などにご相談してみて下さい。

         

         

         

         

         

         

         

         

        12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

        腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

        症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

         

         

        健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

        にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
        にほんブログ村

        にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
        にほんブログ村

        にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
        にほんブログ村


        健康と医療ランキング


        マラソン・ジョギングランキング


        登山・キャンプランキング


        埼玉県にプロ野球チームはいくつあるかご存知ですか?〜所沢航空記念公園はおススメです〜

        0

          埼玉県川越市にある

           

          コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

           

          理学療法士の粟生田です。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          昨日は所沢航空記念公園に子供と行ってきました。

           

          ここは明治時代に日本初の航空機専門の飛行場として作られ、

           

          ”日本の航空発祥の地”と言われています。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          航空記念記念館では実際に使われた飛行機なども展示されており、

           

          飛行機好きの子供さんは楽しめるかと思います。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          何度か通っていますが今回は記念館以外の場所を回ってみました。

           

          するとドックランや3on3用バスケットコート(2面)、

           

          ウォーキング・ランニングコースもあり、

           

          広い芝生に遊具の広場もあります。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          あと、野球場もあり、プロ野球の試合が行われていました。

           

          なにやらかわいらしい音楽が聞こえてきます。

           

          「女子」プロ野球です。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          埼玉アストライア対京都フローラの試合で、

           

          れっきとした”プロ”野球です。

           

          恥ずかしながら、そういった形で存在しているということを

           

          きちんと認識しておりませんでした。

           

          すなわちタイトルの質問の答えは2チームです。

          (埼玉西武ライオンズと埼玉アストライア)

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          一人で時間があったら観てみたいところでしたが、

           

          子供達は遊具と駅前のパン屋で買ったパンの優先順位が断然高かったです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          高校野球もプロ野球も子供が興味を持たないとしばらく行けそうにありません。

           

          来年くらいは航空公園からも近い、

           

          西武球場に行くことを企んでいます。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          埼玉県で有名なプロチームはやはりサッカー、

           

          浦和レッズと大宮アルディージャ。

           

          他のスポーツも社会人、高校など強い所が多い印象です。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          先日、会員の子が出場しているので、

           

          ボルダリングの大会も観ましたが(you tubeですが)、

           

          埼玉県はレベルが全国でも高いそうです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          今ワールドカップが行われているラグビーも、

           

          熊谷が会場になっており、

           

          埼玉県はスポーツに力をいれている印象です。

           

          今後もそういった情報にアンテナをたてていきたいです。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ちなみにトトロの森が近いからか

           

          そこで売っていたパンがこちら。

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          自分は食べていないので味はわかりませんが、

           

          子供たちは喜んで食べていました。

           

          ご興味のある方はぜひお試し下さい。

           

           

           

           

           

           

          12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

          腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

          症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

           

           

          健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

          にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
          にほんブログ村

          にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
          にほんブログ村

          にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
          にほんブログ村


          健康と医療ランキング


          マラソン・ジョギングランキング


          登山・キャンプランキング


          朝の勉強会とあこがれの力〜日本神経理学療法学会に参加してきました〜

          0

            埼玉県川越市にある

             

            コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

             

            理学療法士の粟生田です。

             

             

             

             

             

             

             

             

            先週の話になりますが日本神経理学療法学会に参加してきました。

             

            大会長が昔山梨でお世話になっていた先生だったこともあり、

             

            土曜の午後、仕事終わりからですが駆けつけました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            その方は国際的にも有名なインストラクターで、

             

            全国にわたり数多くの研修会も開かれてきました。

             

            現在は大学の教授をされており、

             

            当時のあこがれの方になります。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            山梨の病院に勤めていた時、その先生の指導のもと、

             

            有志が集まり朝7:30、勤務前に勉強会をやっていました。

             

            手技の練習や症例検討、学術的な文献抄読などなど、

             

            週3回程度(毎回参加ではないですが)、数年間参加させて頂きました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            部活の朝練じゃないですが、

             

            眠い中早起きし、

             

            持ち回りで発表したり、

             

            大変さも多少あったものの、

             

            大変有意義な時間を過ごさせて頂きました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            今の時代、誰かに師事したり、師匠をもったりなどは、

             

            職人以外ではなかなかないかと思います。

             

            また、社会人になってから朝練する機会も少ないかと思います。

             

            しかし、今思うと少しずつでもそういったことを

             

            継続することは大切だったと感じています。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            最近は学会や研修会などに参加する機会が少なくなっているので、

             

            自己研鑽していかなければと改めて感じさせてくれました。

             

             

             

             

             

             

             

             

             

             

            話変わって今日は夜まで営業していたので、

             

            これから録画したラグビーワールドカップ、

             

            日本対サモア戦を楽しんで観戦したいと思います。

             

             

             

             

             

             

            12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

            腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

            症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

             

             

            健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

            にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
            にほんブログ村

            にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
            にほんブログ村

            にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
            にほんブログ村


            健康と医療ランキング


            マラソン・ジョギングランキング


            登山・キャンプランキング


            運動会のかけっこは裸足だと速くなる?〜運動会は裸足でした?靴でした?〜

            0

              埼玉県川越市にある

               

              コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

               

              理学療法士の粟生田です。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              昨日は午前中お休みをいただき、

               

              長男の運動会に行ってきました。

               

              雨が心配でしたが暑いくらいの好天に恵まれました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              楽しそうに走る息子、

               

              他のお子さんたちも楽しそうに走ったり、

               

              踊ったりしている様子を見られて新鮮でした。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              気になったのは自分の子供の頃は

               

              徒競走は裸足で走っていたと思うのですが

               

              裸足で走っている子はいないようでした。

               

              (裸足は組体操だけのようでした。)

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              昔は裸足で走った方が速いと思っていました。

               

              まわりの方の意見では田舎の学校は裸足派が多いようでした。

               

              また、昔は裸足だけでなく、足袋だったという方もいるそうです。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              最近はケガのこともあるのかもしれませんが、

               

              シューズの性能が上がっていることも影響しているとは思います。

               

              裸足よりシューズの方がグリップ力も高く、クッション性も高くなっています。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              ただ、裸足で走ると、足裏の感覚や筋肉が直接刺激される。

               

              踵からの接地が自然に抑制されやすくなるので、

               

              つま先からの接地や、接地時間の短縮、

               

              それらに伴って走りのリズムが得られやすいなどのメリットもあるかと思います。

               

              練習にはだしでのかけっこを取り入れるという方法もあります。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              当施設も徒競走を出来る長さは無理でしたが、

               

              反復横跳びやラダートレーニングを裸足で出来る人工芝かマットを

               

              設置することになりました。

               

               

               

               

               

               

               

               

               

               

              完成までまだ時間はかかりますが、

               

              設置に伴い防球ネットやストラックアウトはすでに購入したので、

               

              キャッチボールや投擲の練習も出来るようになる予定です。

               

              今しばらくお待ちください。

               

               

               

               

               

              12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

              腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

              症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

               

               

              健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

              にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
              にほんブログ村

              にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
              にほんブログ村

              にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
              にほんブログ村


              健康と医療ランキング


              マラソン・ジョギングランキング


              登山・キャンプランキング


              スポーツ中継における実況の意義〜ラグビーの実況はききやすい?〜

              0

                埼玉県川越市にある

                 

                コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                 

                理学療法士の粟生田です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                いまさらですがラグビーワールドカップ、

                 

                日本が優勝候補のアイルランドに劇的勝利をおさめた試合は面白かったです。

                 

                録画しておいたのでお昼ご飯を食べながら一部ですが二度観てしまいました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                ちなみに昨夜は前回2015年のワールドカップ日本対南アフリカ戦も

                 

                録画していたものを見返してしまいました。

                 

                そこで気がついたのはNHKで実況は同じ方、豊原アナウンサーでした。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                今回の勝利後の「もう奇跡とは言わせない!」も名実況と言われていますが、

                 

                前回の南アフリカ戦のラストワンプレーでの劇的逆転トライの後、

                 

                30秒の沈黙をつくり、余韻をつくったのもなかなかできないと思いました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                サッカーに多いのですが、実況や解説がききにくく感じることが多いです。

                 

                ラグビーは一般の方にはルールがわかりにくく、

                 

                昔やっていた自分でも、解説がないとどうして反則なのか、

                 

                なんでこういったプレーを選択したのかなど、

                 

                観戦していてもわからないことが多いです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                そこを無駄なくわかりやすく説明し、

                 

                声のトーンや流れも自分はききやすく感じました。

                 

                他の局でもおおむねききやすいように感じます。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                解説でも実況でもありませんでしたが、

                 

                前回の南アフリカ戦後に現役時代、代表の世界最多トライを記録した

                 

                大畑選手のコメントで、

                 

                「ヒーローはいない。全員で勝った。」

                 

                端的にチームの素晴らしさを表現していてすばらしかったと思いました。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                今回も前回もなによりタックルが素晴らしかったです。

                 

                特にリーチ・マイケル選手をはじめとしたFW陣は素晴らしい動きでした。

                 

                MVPの堀江選手に関しては、後日また記事を書かせていただこうと思っています。

                 

                楽しみな期間が続き、うれしい今日この頃です。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                 

                 

                健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                にほんブログ村

                にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                にほんブログ村

                にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                にほんブログ村


                健康と医療ランキング


                マラソン・ジョギングランキング


                登山・キャンプランキング


                「One for all, All for one」の本当の意味とは?〜ラグビーW杯の日本の初戦が楽しみです!〜

                0

                  埼玉県川越市にある

                   

                  コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                   

                  理学療法士の粟生田です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  最近、ブログをなかなかかけていませんでした。

                   

                  久しぶりの記事は男子マラソンの激闘と考えていましたが、

                   

                  気づけば明日にせまったラグビーワールドカップについて書かせて頂きます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  ちなみにTBSドラマ「ノーサイドゲーム」は見事に全話観てしまいました。

                   

                  ドラマながらラグビーシーンはみごとな迫力でした。

                   

                  それもそのはず、選手の中にはラグビー元日本代表選手がごろごろいました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  SOの浜畑選手役の広瀬選手はメインの役どころで

                   

                  元全日本キャプテンなので知っていましたが、

                   

                  他にも経歴を観て「あっ、田沼選手もいる」、

                   

                  「斎藤祐也だ。なつかしい〜。」などと後から気がついた選手も多かったです。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  また、広瀬選手が本を出版したそうです。

                   

                  本日は広瀬選手に勝るとも劣らないキャプテンシーをもっていた

                   

                  ジャパン史上最高のSO(スタンドオフ)、平尾誠二さんの本をご紹介します。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  細かい選手時代の経歴などは省略しますが、

                   

                  日本代表としてワールドカップ3大会連続出場、

                   

                  ジャパンのキャプテンを歴任、

                   

                  7年連続日本一を成し遂げた神戸製鋼でもキャプテンを経験し、

                   

                  日本代表監督も経験している方です。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  本のタイトルは「理不尽に勝つ」、普段だったら書店でまず手に取らないかと思います。

                   

                  たまたま、ブックオフの200円コーナーで手に取り、

                   

                  少し読んだら興味をひかれ購入しました。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  話しはそれますが、自分はamazonなどで中古本の値段が極端に安くなっている場合、

                   

                  その本は内容の質が良くないことが多いので敬遠します。

                   

                  ホントにいい本は値段が下がりにくいように感じているので。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  しかし、ブックオフの100〜200円の本の中にもお買い得な本はあると感じています。

                   

                  特に自伝系は10冊買って、10人の経験や考え方を知れて、

                   

                  1000円は安いと思っています。

                   

                  内容が外れても100円なら悔しくないので、

                   

                  面白いか面白くないかギャンブルで買ってみることも出来ます。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  話を戻すと本の中の一文で

                   

                  「理不尽に耐えられたことが信念になる」と述べられています。

                   

                  自分の限界を超えるような苦しさやつらさを乗り越える経験をすることで、

                   

                  自分がよく生きるための信念や哲学が練り上げられるのだと思います。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  大事なのは、人から言われた。本を読んだ。という知識として知っているだけでなく、

                   

                  実際に理不尽に思える経験をしなければ、

                   

                  本当の意味で、なかなか血肉化することは出来ないものではないかと述べられています。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  また、他の一文です。「理不尽だからおもしろい。」

                   

                  理不尽を「おもしろみ」ととらえることが大切であるとも述べられています。

                   

                  理不尽によって人は鍛えられる。

                   

                  生きる力、スポーツ能力を高めるために大切なのではと書かれています。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  そしてもう一文最後にご紹介します。

                   

                  ラグビーの精神を表す有名言葉、

                   

                  「One for all, All for one」

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  普通はこれを「一人はみんなのために、みんなは一人のために」と訳すが、

                   

                  平尾誠二さんは「一人はみんなのために、みんなは”ひとつ”のために」

                   

                  と訳すべきだとおっしゃっています。

                   

                  ”ひとつのため”、すなわち共通の”目的”のために。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  期待せずに読み始めて気づきが多かったので紹介させて頂きました。

                   

                  また、日本代表では田中史朗選手に期待しています。

                   

                  仮に試合に出なかったとしてもベテランのいる意味は大きいです。

                   

                  まさに上記の”ひとつのため”に必要な存在だと感じています。

                   

                  明日は21時まで予約がありますが、録画して楽しみに観戦したいと思います。

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                   

                  12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                  腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                  症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                   

                   

                  健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                  にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                  にほんブログ村

                  にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                  にほんブログ村

                  にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                  にほんブログ村


                  健康と医療ランキング


                  マラソン・ジョギングランキング


                  登山・キャンプランキング


                  満員電車とバランスボードでバランストレーニングを〜東京スカイツリーに行ってきました〜

                  0

                    埼玉県川越市にある

                     

                    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                     

                    理学療法士の粟生田です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    少し前ですが、会員様に東京スカイツリーの割引券を頂き、

                     

                    息子2人と行ってきました。

                     

                    生まれて初めての高さを楽しんでいました。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    東京スカイツリーの後、浅草、上野と回ってきましたが、

                     

                    どこも外国人観光客が多かったです。

                     

                    川越市も今年に入って、今までに増して外国人観光客が増えているように感じます。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    下の写真は浅草から見たスカイツリーと

                     

                    不忍池のボート乗り場です。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    先日、テレビで知りましたが、

                     

                    最近、外国人観光客のツアーで

                     

                    「満員電車体験」というものが人気だそうです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    満員電車では、押されても倒れないようにするバランス能力が必要になってきます。

                     

                    会員の中学生でも、満員電車でしっかりと立ってるのが苦手という子がいました。

                     

                    その子が最近行っているトレーニングです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    左がバランスボードで、右がBOSUという半球状のバランスボールです。

                     

                    どちらも結構難しいです。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    最初は立っているのも難しかったですが、

                     

                    数日練習したらすぐに出来るようになってきています。

                     

                    もし、ご興味のある方がいらっしゃいましたらチャレンジしてみて下さい。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    また、電車であえて何もつかまらないで、

                     

                    バランスをとって立っているのもいいバランス練習になるかと思います。

                     

                    転ばないように注意して行って下さい。

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                     

                    12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                     

                     

                    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                    にほんブログ村

                    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                    にほんブログ村

                    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                    にほんブログ村


                    健康と医療ランキング


                    マラソン・ジョギングランキング


                    登山・キャンプランキング


                    最近、我が家に増えている雷の原因とは?〜振動と音を引き起こすトレーニング〜

                    0

                      埼玉県川越市にある

                       

                      コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

                       

                      理学療法士の粟生田です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      最近は大気も不安定でゲリラ豪雨が増えているようです。

                       

                      雷も多くきかれています。

                       

                      先日、3歳の次男が「床から雷がなるよ。」というのでよくよくきいてみると、

                       

                      雷のもとはジムでのこのトレーニングでした。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      ジムの床にバトルロープを打ちつけるたびに、

                       

                      住居である2階では「ドン!ドン!」と振動と音が少し響いているようです。

                       

                      最近わが家だけに増えている雷の原因です。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      最近は会員の方で実施される方が増えています。

                       

                      長男もまだ一本づつですが挑戦しています。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      つらい面もありますが、

                       

                      楽しいトレーニングでもあります。

                       

                      ご興味のある方はぜひチャレンジしてみて下さい。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      12年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

                      腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

                      症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

                       

                       

                      健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

                      にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
                      にほんブログ村

                      にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
                      にほんブログ村

                      にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
                      にほんブログ村


                      健康と医療ランキング


                      マラソン・ジョギングランキング


                      登山・キャンプランキング


                      << | 2/38PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << March 2020 >>

                      脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

                      コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM