「胸で見る」意識で姿勢を整える〜能・狂言の構えから学ぶ〜

0

    埼玉県川越市にある

     

    コンディショニングジム ブルーフィットの代表で

     

    理学療法士の粟生田です。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    本日は前回もご紹介した狂言師、野村萬斎著の「狂言サイボーグ」から

     

    体の使い方で参考になる考え方を一部ご紹介します。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    それは「胸で見る」ということ。

     

    面をつけていたり、舞台の遠くの観客から目で見ようとしているものは伝わらない。

     

    といったことが理由の一つのようですが、

     

    猫背だったり、首や背中の筋肉が張ってしまう方にも有効だと考えます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    猫背であったり、下を向きがちな方への

     

    姿勢を自然に修正するためのアドバイスとして、

     

    「遠くを見るようにして下さい。」、「少し空を見上げるようにして下さい。」

     

    とお伝えすると、自然に顔や体が起きやすくなることを経験することが多いです。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、この口頭指示だと中には、

     

    「あごが上がったり、首の反り強めてしまう」方もいらっしゃいました。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    しかし、「胸で見る」ように心がけると

     

    胸郭が上を向くので、脊椎の並びがスムーズになるように感じます。

     

    体の中心から遠くに位置する首で視線や体の向きを変えようとするより、

     

    体の中心に近い胸(体幹)から動き出したり、姿勢の構えを作ろうとすることで、

     

    脊椎周囲の筋肉などに無駄な力が入りにくくなるように感じます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、胸で見ようとすると「胸郭が開く」ように感じています。

     

    いわゆる「胸をはった」構えともいえるかもしれません。

     

    これらは肺活量にも影響してきます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    また、声を出すときにも「胸」は重要にであり、

     

    腹から発せられる声は

     

    胸で共鳴増幅し、

     

    大音量となり会場全体に響き渡るとのこと。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    このことは能や狂言だけでなく、

     

    声学をされている方や管弦楽器の演奏者はもちろん、

     

    サッカーやラグビーなど大声で指示をだすスポーツ全般、

     

    他にも水泳や水球など肺活量の求められるスポーツ全般に必要な要素だと考えます。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    これは自分がそう感じても、他の方はどうかはわかりません。

     

    もし、ご興味ある方はそれをご承知の上で少し試してみて頂けたらと思います。

     

     

     

     

     

     

     

     

    ちなみに今度公開される映画、池井戸潤原作、「七つの会議」に野村萬斎が主演します。

     

    番宣のため、テレビで見かけることが多くなりそうなので、

     

    参考になる考えをきけたらと期待しています。

     

     

     

     

     

     

    11年のリハビリ経験をもつ健康・障害予防の専門家@あおだしんや

    腰痛・膝の痛み・体力低下・運動不足、生活習慣病・脳梗塞・脳出血・パーキンソン病の

    症状悪化の予防・コンディショニングのご相談もお待ちしています。

     

     

    健康に不安のある方に向けたコンディショニングジムBlue fit(ブルーフィット)

    にほんブログ村 健康ブログ フィットネスへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 健康ブログ エクササイズへ
    にほんブログ村

    にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
    にほんブログ村


    健康と医療ランキング


    マラソン・ジョギングランキング


    登山・キャンプランキング


    << | 2/3PAGES | >>

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    脳梗塞・脳出血・パーキンソン病のリハビリ情報ラボ

    コンディショニングジムBlue Fit ホームページへ

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM